2011/9/10,11 定禅寺ストリートジャズフェスティバル 21st

今年で21回目となる定禅寺ストリートジャズフェスティバルは、例年とは違う、特別な思いが込められていたと思います。

あの日から半年。

ここ6年連続で観に行っているこのお祭り。
震災の直後は、今年はさすがに開催できないか?と思いましたが、主催・共催の強い意志により約一ヶ月遅れで準備開始、そして例年通り9月の第2日曜とその前日で開催されました。

今年のテーマは「音楽の星・地球~ここから~」。
国籍とか国境とか関係なしに、地球人として、この音楽のあふれる星を、ここからアピールする。
そしてここからまた一歩前進する。
そんなテーマだと思います。

今年は、ゆっくり回って、音を、そして出演者の思いを聴いてみたい。
例年通り、管理人をやっているmixiコミュニティー「定禅寺ジャズフェス遠征組」のメンバーを中心に、2日間、ステージを回って聴いていました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


両日とも、午後2時46分。各ステージでA(ラ)の音が鳴らされ、震災の犠牲者への鎮魂の祈りが捧げられました。


さて、例年は2日目は、Sweet Little Soulのメンバーと打ち上げに行ってしまうのですが、今年はフィナーレでFried Prideが出演ということで、夕方早い時間からメインステージに陣取ってフィナーレを待ちました。
フィナーレ出演者のリハーサルを観ながら、復興支援ビール(1杯につき50円の義捐金)を飲みつつ。

フィナーレは、仙台ヤマハのゴスペルクワイアーの歌からスタート。
被災地のバンドの演奏や、パーカッショングループの演奏など。
そしてスウェーデンの歌姫、マルガリータ・ベンクトソンさんの歌。
マルガリータさんもよかったけど、相方のピアノの人、すごかったな。

そして、待っていました、Fried Pride。
Shihoさん出てきて、いきなりツッコミを入れてしまいました。

・・・Tシャツ、David Bowieかよ・・・www

いやいや、その風貌にたがわず、Fried Prideはロックでした!
時間も短いし、クラシックギターだけかなー、と思っていましたが、エレキまで使ってくれて、最高だよ、赤パンリーダー(横田さん)も!www
あの高齢者の多いステージ最前列付近、どんなに盛り上がってもずっと立ち上がることはなかったのに、総立ちにさせちゃったもんね。


各ステージに込められた思いをしっかりと感じ、今年のJSFは終了しました。


その後、SLSの打ち上げの2次会に合流。
仙台の夜は更けていきましたとさwww

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2011年総括

    Excerpt: 激動の2011年。 Weblog: さいころさんの隠れ家 racked: 2011-12-31 12:58