それも愛、これも愛、たぶん愛、きっと愛

わんこってのはほんと食い意地張っていてね。

実家にミニチュアダックスがいるんですが、人間様の食べるものを食べたがってね。
専用のえさがまずいからってのもあるんですが。

昔、学生時代に下宿していた家に、プードルがいまして、よく食べものをあげていたんですけど、肥満で調子悪くなっちゃって、ちょっと早くお亡くなりになったのね。

それを見ているから、実家に帰ったとき自分は絶対食べものをやらないんです。
そうすると、わかっているんだよね。
「こいつは私に食べものをくれない人だ」って、食事の時は自分のところに絶対来ない。

両親はなるべくやりすぎないようにしながらも、食べたがっているから食べさせる。
自分は絶対よくないからやらない。

どっちも愛情だ。

まぁ、勝手に思っているだけなんだけどな。



つまり、愛情とは、そういうことだ。
(どういうことだ?)

この記事へのコメント

akko
2010年03月12日 19:40
そうそう、大切に思うからこそ、厳しくしなきゃならないこともあるのだよ、うん。

子供のうちから舌が肥えていては、オトナになってから、新たな美味しさを堪能できなくなるので、うちは粗食なんですっ!!
2010年04月01日 12:45
>あっこちゃん
うんうん、決して母の手抜きじゃないですよね!

この記事へのトラックバック