俺はギタリストじゃない

週末、一人でリハスタ。

やばいんすよ、平日忙しくて全然練習していない。
本番は2/21。
やっばー。

リハスタで本家のCDかけながら、構成確認、コード確認。
あー、ソロやりたくね。



ギタリストのくせにソロを弾きたくないなんて!



って前にとある人から言われましたが。


多分、自分はギタリストじゃない。
ギタリストはギターでその人を表現するのです。
自分の主義主張を訴えるのです。


好きなギタリストが、
ギター弾き以前にビート弾きでいたいんだな、俺は。
って、言ってました。
昔は自分もそんな感じの言葉を口にしていましたが、ビートも大したことがないことを思い知らさせましてw



じゃあ、なんでお前はギターを弾いているのだ?、と。

多分。


音楽の一部になりたい。


そんな感じかな?、と。



さ、帰ったら、音楽の一部になれるように練習しますか。
画像

この記事へのコメント

のらみー
2010年02月08日 20:12
ピアニストです。ソロ弾きたいとはあまり思いません(笑)

なんというか、私じゃないと弾けない音があると思う時は
弾きたいし、
でもそうじゃない時は、弾きたくない。
分担で義務にしちゃう必要はないんじゃないかなーと。

・・・ここまで書いて気づいた。
どの曲でも自分にしか出せない音がないとだめなのか!(爆)
TAKA
2010年02月09日 01:07
ベーシストじゃないかも(爆)
でも、ベースで自分を表現できる人なんて、すごく低い確率でしかいない、という気も。
2010年02月10日 12:46
>ピアニスト
ギターもそうなんだけど、ピアノもオールマイティな楽器ですよね。
リズム楽器であり、コード楽器であり、メロディ楽器であり。
自分にしか出せない音、大事ですね。

>ベーシスト
ベースはなんというか、別の存在感みたいなのがあるっていうか。
例えば、ストーンズでのダリル・ジョーンズのベースなんかすごいと思うわけですよ。
全然、自己主張していないんだけど、主張していないところがすごい。
うまく表現できないんだけど。

この記事へのトラックバック