MySpaceにMP3を貼り付ける場合の注意点(覚書)

mixiの仲間がMySpaceに入ってきまして、オリジナル音源をトップに貼るようになりました。
ショボイ演奏のオリジナルを貼って、人柱になった甲斐があるってもんです^_^;
有能なミュージシャンはどんどんこういうツールを使って、世界に向けて配信してもらいたい。
ああ、そうだ、このウェブリブログでもembedタグが使えるようになったんですよね。このテクニックは、オリジナルの新曲が出来たらブログで発表!とかにも応用できるわけです


ここでひとつ注意点。

●MySpaceにMP3を貼り付ける場合の注意
1. embedタグのtypeをaudio/mpegにする
2. 自動演奏する曲のautostartを1じゃなくてtrueにする
(.asfの場合はautostart=0[停止]か1[再生])
と幸せになれる人が増えるかもしれません。

autostart=0はWMPの方言で、こうしないと自動演奏が止まってくれないんです。
私が手伝ったフレンドのところは、Windows Mediaの擬似ストリーミング(プレイ指示されるまでファイルの転送を行わない)を使ったので、autostart=1で自動演奏で問題ないのですが、mp3などの一般的な場合autostart=true/falseで指定します。

複数のmp3を直接貼り付けるのは、擬似ストリーミングされない(=貼り付けた分、ページを開いたときに全部ブラウザに転送される)ので重たいんですよね。
MP3で擬似ストリーミングするやり方を書いておきます。
例)http://xxx.hoge.com/sound/hoge.mp3という音源ファイルを擬似ストリーミングする方法。
1) hoge.m3uというテキストファイルを用意します。内容は
http://xxx.hoge.com/sound/hoge.mp3
複数の音源を並べて連続で演奏するコトも出来ます。
2) サーバ上に配置します。mp3ファイルと同じ場所でもかまいません。
例として、http://xxx.hoge.com/stream/hoge.m3u としておきます。
3) embedタグのsrcに2)で配置したhoge.m3u指定します。
src="http://xxx.hoge.com/stream/hoge.m3u"

注記:11/28 ここでtypeは"audio/x-mpegurl"にするのが正しいのですが、大人の都合により"audio/mpeg"のままにしています。大人の都合はこの記事の一つ目のトラックバックに書いておきますのでご参照ください。


余談:
出来れば擬似ストリーミングが出来る他の形式としてはWindows Media、Real Mediaなど。
Windows Mediaは、ほぼWindows限定。Mac版もありますが、バージョンがかなり遅れています。(というか、ほぼ放置されている)
Real Mediaは音の品質が・・・
Liquid AudioやYAMAHAのSound VQも擬似ストリーミングできたんですけど、いまやマイナーの部類になってしまいました。独自プラグインはいまでは流行りませんね。

個人的には音質的にもSound VQを推していたんですがね。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 追記:MySpaceにMP3を貼り付ける場合の注意点(覚書)

    Excerpt: 「MySpaceにMP3を貼り付ける場合の注意点(覚書)」について 技術屋さんブログにするつもりは無いのですが、書いてしまった以上、若干のフォローはしないといけないですね。 Weblog: さいころさんの隠れ家 racked: 2006-11-29 12:07